バンレイシ(蕃茘枝)(読み)バンレイシ(英語表記)Annona squamosa; sugar-apple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンレイシ(蕃茘枝)
バンレイシ
Annona squamosa; sugar-apple

バンレイシ科の半落葉性の果樹。熱帯アメリカ原産であるが,現在では熱帯各地で栽培される。高さ5~6mになる。葉は楕円状披針形で鋸歯はなく,半透明の細点がある。花は3枚の黄緑色の外輪花弁と小型の3枚の内輪花弁からなり,おしべ,めしべともに多数ある。果実集合果で直径 7cmほどになり,熟すると黄緑色になる。果肉はやわらかくて甘みが強く芳香があり,蛋白質,ビタミンCを多く含み生食用とされたり,シャーベットや発酵飲料に用いられる。果肉が大仏の頭のような外観のため,仏頭果,釈迦頭などの名がある。同属のトゲバンレイシ (刺蕃茘枝) A. muricataは果実が大きく,表面に肉質のとげがある。種子にアルカロイドを含み,腫瘍をうませるのに効果がある。このほか同属の植物にチェリモヤギュウシンリなどがあり,いずれも熱帯果樹として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンレイシ【バンレイシ(蕃茘枝) custard apple】

バンレイシ科バンレイシ属で,果実が食用になるのは約30種あり,うち約10種が栽培されているが,バンレイシはそのうちの代表種である(イラスト)。甘みに富むクリーム状の果肉から英名が,果面の亀甲(きつこう)状と果形から漢名の〈釈迦頭〉が由来している。5~6mになる低木で,根ぎわから分枝する。落葉樹であるが熱帯では常緑。葉は楕円形で互生する。1花房に1~3花を着生する。果実は約8cmの卵形の集合果で,各片が亀甲状をなし,黄緑色に熟す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android