コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・レルベルグ Charles Van Lerberghe

世界大百科事典 第2版の解説

バン・レルベルグ【Charles Van Lerberghe】

1861‐1907
フランス語で創作活動をしたベルギーの詩人。1886年同志メーテルリンクらとともにパリの小雑誌《ラ・プレイヤード》によって詩壇に登場,次いでベルギー象徴主義運動の中心となったモッケルの《バロニー》誌にも協力した。89年リエージュで神秘的な散文劇《嗅ぎつける人々》を発表したのち,ブリュッセルに移り住んで哲学博士の学位を得た彼は,98年この地で処女詩集《束の間の幻》を世に問い,さらに1904年には《イブの歌》を《メルキュール・ド・フランス》誌に発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バン・レルベルグの関連キーワードヴァン・レルベルグ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android