コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーサ朝 バーサちょう Vasa

1件 の用語解説(バーサ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーサ朝
バーサちょう
Vasa

スウェーデンの王朝 (1523~1654) 。カルマル同盟の名によるデンマークの支配からスウェーデンの独立を確保したグスタフ1世バーサを祖とし,その3人の子エーリック 14世,ヨハン3世カルル9世,ヨハン3世の子ジギスムント3世,カルル9世の子グスタフ2世アドルフ,その娘クリスティナにいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーサ朝の言及

【グスタブ[1世]】より

…グスタブ・バーサともよばれる。バーサ朝(1523‐1654)の祖(1544以後世襲制)。名門バーサ家に生まれる。…

【スウェーデン】より

…外交面で国王は三十年戦争に介入し,新教徒の英雄として活躍し,バルト帝国を確固たるものにした。国王の戦死後,一人娘のクリスティーナ(在位1632‐54)が王位を継いだが(44年までは後見人がおかれた),学芸を愛好して政治に関心を示さず,財政危機に陥らせ,みずから退位したためバーサ朝は絶えた。その後の王は財政再建を試みて諸改革を行ったが,貴族との対立を深めた。…

※「バーサ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーサ朝の関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門デンマーク連合王国スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone