バーシュカラ(読み)ばーしゅから

世界大百科事典内のバーシュカラの言及

【リグ・ベーダ】より

…《リグ・ベーダ》の〈サンヒター(本集)〉は,〈リチュṛc〉すなわち神々への賛歌を集大成したものであるが,インド最古の文献として,古代インドの宗教を知るうえで最も重要視されている。伝承によれば,このベーダは5派に分かれて継承されたといわれるが,現存するのはシャーカラŚākala派とバーシュカラBāṣkala派の2派のもののみである。このうち,現在もっぱら用いられるシャーカラ派の伝えるところによれば,サンヒターは全10巻より成り,韻文で著された1017編の賛歌(〈バーラキルヤvālakilya〉と呼ばれる補遺11編を含めれば1028編)をおさめる。…

※「バーシュカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android