バーシュカラ(読み)ばーしゅから

世界大百科事典内のバーシュカラの言及

【リグ・ベーダ】より

…《リグ・ベーダ》の〈サンヒター(本集)〉は,〈リチュṛc〉すなわち神々への賛歌を集大成したものであるが,インド最古の文献として,古代インドの宗教を知るうえで最も重要視されている。伝承によれば,このベーダは5派に分かれて継承されたといわれるが,現存するのはシャーカラŚākala派とバーシュカラBāṣkala派の2派のもののみである。このうち,現在もっぱら用いられるシャーカラ派の伝えるところによれば,サンヒターは全10巻より成り,韻文で著された1017編の賛歌(〈バーラキルヤvālakilya〉と呼ばれる補遺11編を含めれば1028編)をおさめる。…

※「バーシュカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android