コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)

外国為替用語集の解説

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)

G10諸国の中央銀行総裁会議によって1975年に設立された。通称バーゼル委員会。日本、米国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ベルギーオランダ、スイス、スウェーデン、ルクセンブルグ、スペインの銀行監督当局と中央銀行の上席代表者により構成。国際社会における金融システムの複雑化を踏まえ、1998年3月にBIS規制の見直しについて検討を開始。新BIS規制は、BIS規制を導入した国を対象として、2006年末に適用開始。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)の関連キーワードウィリアム マクドナー保険監督者国際機構証券監督者国際機構自己資本比率規制BIS第2次規制金融安定理事会バーゼル規制国際決済銀行バーゼルII自己資本比率大口融資規制バーゼル合意BCBS銀行法