コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)

1件 の用語解説(バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)

G10諸国の中央銀行総裁会議によって1975年に設立された。通称バーゼル委員会。日本、米国、イギリスドイツフランスイタリアカナダベルギーオランダスイススウェーデン、ルクセンブルグ、スペインの銀行監督当局と中央銀行の上席代表者により構成。国際社会における金融システムの複雑化を踏まえ、1998年3月にBIS規制見直しについて検討を開始。新BIS規制は、BIS規制を導入した国を対象として、2006年末に適用開始。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)の関連キーワードECBG10G5主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議G20イカルイット国際金融会議主要七箇国財務相・中央銀行総裁会議イングランド銀行(Bank Of England)委託介入

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone