バーチャル試着(読み)ばーちゃるしちゃく

知恵蔵miniの解説

バーチャル試着

ITを活用して、実際にを身につけることなく疑似的に試着を行うこと。服飾店の実店舗やネット通販などで利用される。試着の手間と時間が省け、特にネット通販では実物を手にせずともイメージがしやすいメリットがある。バーチャル試着はサイネージタイプ、スマホアプリタイプ、ボディスーツタイプなどに分類される。サイネージタイプでは、サイネージと呼ばれる電子看板の前に立つと、自分の姿と服が合成されて映し出される。スマホアプリタイプでは、自分の姿をスマートフォンで撮影してアプリケーション体型検出。これに服を合わせた映像をスマートフォンで見ることができる。ボディスーツタイプは、センサーを内蔵した採寸専用着を着用し、全身のサイズを採寸した結果をもとに服を選べる。

(2019-12-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android