コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーナ バーナḄāṇa

4件 の用語解説(バーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーナ
バーナ
Ḅāṇa

インドの作家,詩人。バーナバッタともいう。7世紀頃在世。バラモン出身で,ハルシャバルダナ (戒日王) の宮廷に仕え,シバ派の系統の信仰をもっていたといわれる。作品には,ハルシャバルダナの業績を伝える小説『ハルシャ・チャリタ』,説話的な伝奇小説『カーダンバリー』 Kādambarī,抒情詩『チャンディーシャタカ』 Caṇḍīśatakaがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーナ
バーナ
burner

燃料を燃焼させるために,燃料を気体あるいは微粒子にして炉内に噴射して燃焼させる器具および装置。その使用燃料が微粉炭,油あるいはガスであるかによって,バーナの構造は異なり,それぞれ,微粉炭バーナ,油バーナ,ガスバーナ呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーナ
ばーな
Ba

生没年不詳。7世紀の人。インドのサンスクリット伝奇小説作家。バーナバッタとも。劇作家としても有名なハルシャバルダナ王(在位606~647)の宮廷詩人として、王の威徳を称揚した歴史的小説『ハルシャチャリタ』(ハルシャ行跡)を書いた。この本によるとバーナはバラモンの出身で、熱心なシバ神の崇拝者で、作品には宗教的な面も強く現れている。ほかに伝奇小説『カーダンバリー』、宗教的叙情詩『チャンディー・シャタカ』がある。[田中於莵弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーナの関連情報