コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーナ Ḅāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーナ
Ḅāṇa

インドの作家,詩人。バーナバッタともいう。7世紀頃在世。バラモン出身で,ハルシャバルダナ (戒日王) の宮廷に仕え,シバ派の系統の信仰をもっていたといわれる。作品には,ハルシャバルダナの業績を伝える小説『ハルシャ・チャリタ』,説話的な伝奇小説『カーダンバリー』 Kādambarī,抒情詩『チャンディーシャタカ』 Caṇḍīśatakaがある。

バーナ
burner

燃料を燃焼させるために,燃料を気体あるいは微粒子にして炉内に噴射して燃焼させる器具および装置。その使用燃料が微粉炭,油あるいはガスであるかによって,バーナの構造は異なり,それぞれ,微粉炭バーナ,油バーナ,ガスバーナと呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バーナ(Bāṇa)

インドの小説家・詩人。7世紀に活躍。作品はサンスクリット美文体の典型とされる。歴史小説「ハルシャチャリタ」など。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーナ
ばーな
Ba

生没年不詳。7世紀の人。インドのサンスクリット伝奇小説作家。バーナバッタとも。劇作家としても有名なハルシャバルダナ王(在位606~647)の宮廷詩人として、王の威徳を称揚した歴史的小説『ハルシャチャリタ』(ハルシャ行跡)を書いた。この本によるとバーナはバラモンの出身で、熱心なシバ神の崇拝者で、作品には宗教的な面も強く現れている。ほかに伝奇小説『カーダンバリー』、宗教的叙情詩『チャンディー・シャタカ』がある。[田中於莵弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バーナの関連キーワードフレデリック・ウィリアム トマス無担保コールレート翌日物アルペン・マスティフハイカロリーバーナーアンコール・ワットインフレキシブルバーンハム公園すてきな雪景色牛乳アレルギー鉄鋼表面硬化法微粉炭燃焼装置赤火バーナーガスバーナーバーナード星トーチランプデューラップバーナー高原瞬間湯沸し器クランプトン最後のスパイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーナの関連情報