バーネイ(読み)ばーねい

世界大百科事典内のバーネイの言及

【バーネイ条約】より

…一方,シャムはナコーンシータマラートを基地としてマラヤへの進出を図り,21年にケダを侵略し,さらに24年にはセランゴールにも侵入しようとした。東インド会社はバーネイ(バーニー)Henry Burneyを派遣し,交渉の結果,シャムのケダに対する宗主権を認め,ペラクを緩衝地帯とすることとした。またバーネイはバンコクにおけるイギリス商人の通商の権利を確認し,シャムの支配下にあるマラヤ諸王国(ケダ,ケランタン,トレンガヌ)におけるイギリス商人の貿易活動の自由を獲得した。…

※「バーネイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android