コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバラ・レイノルズ

1件 の用語解説(バーバラ・レイノルズの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バーバラ・レイノルズ

1951年に、米国が設置した原爆傷害調査委員会(ABCC)の研究員として派遣された夫と来日。原爆の惨状に衝撃を受け、反核・平和運動に取り組む。62、64年には被爆者らと「平和巡礼」を敢行。世界から広島を訪れる人々の出会いの場として65年にワールドフレンドシップセンターを設立した。広島市は75年、特別名誉市民の称号を贈っている。写真はワールドフレンドシップセンター提供

(2011-05-18 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーバラ・レイノルズの関連キーワードオルソン国立学校設置法国立大学放射線影響研究所爆傷損害調査費DLF団体傷害保険ABCC(原爆傷害調査委員会)飯島宗一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーバラ・レイノルズの関連情報