コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバリーシープ Barbary sheep

世界大百科事典 第2版の解説

バーバリーシープ【Barbary sheep】

バーラルと同じくヒツジヤギの双方に似たところがある偶蹄目ウシ科の哺乳類(イラスト)。モロッコ西サハラからエジプトスーダンに至る砂漠,半砂漠地帯にある高地に分布。体長130~165cm,尾長15~25cm,肩高75~112cm,体重は雄で100~145kg,雌で40~55kg。雌雄ともあり,雄のは太く長く70cmほど。体はがんじょうで四肢が短く,ひづめは硬く小さい。角の外形やあごひげを欠くことなどはヒツジに似るが,眼下腺のないことや角の断面が円形にちかいことなどはヤギに似ていて,ヤギ属に含めることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バーバリーシープの関連キーワードヒツジ(羊)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android