コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバーイー運動 バーバーイーうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

バーバーイーうんどう【バーバーイー運動】

ルーム・セルジューク朝時代,13世紀モンゴル侵入期直前のアナトリアにおいて,イスラム神秘主義教団(タリーカ)の指導者ないし長老たるババの影響と誘導のもとに推進された宗教・社会運動を一般的に指す。アナトリアを一時混乱に陥れたバーバー・イスハークの反乱(1240)などもその一つの表れである。多年にわたりオスマン朝の対抗勢力となったカラマン侯国の勃興も,バーバーイーBābā’ī運動の指導者でもあった始祖ヌーレ・スーフィーNūre Sūfī(スーフィーの光の意)の活動と関連する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android