コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーブ・アルマンデブ海峡 バーブアルマンデブかいきょう Bāb al‐Mandab

1件 の用語解説(バーブ・アルマンデブ海峡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バーブアルマンデブかいきょう【バーブ・アルマンデブ海峡 Bāb al‐Mandab】

紅海の南の入口,アデン湾に続く海峡。アラビア語で〈嘆きの門〉を意味し,紅海からインド洋へ通じる海上交易路の要衝。幅約30km,水深は200~300m。西岸はエリトリアジブチ。東岸のイエメンシャイフサイード岬から約3.5kmの海上に浮かぶペリムPerim島(バリムBarim島ともいう)はイエメン領であり,アデン港が整備される1920年ころまでは,船の燃料積込港としてにぎわったが,現在は重要軍事拠点としてイエメン軍が配備されているようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーブ・アルマンデブ海峡の関連キーワードアデンアラビア海紅海ジブチ地中海ハドソン湾フジャイラボスポラス海峡モザンビーク海峡バベルマンデブ海峡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone