バーブ・アルマンデブ海峡(読み)バーブアルマンデブかいきょう(英語表記)Bāb al‐Mandab

  • バーブ・アルマンデブ海峡 Bāb alMandab

世界大百科事典 第2版の解説

紅海の南の入口,アデン湾に続く海峡。アラビア語で〈嘆きの門〉を意味し,紅海からインド洋へ通じる海上交易路の要衝。幅約30km,水深は200~300m。西岸エリトリアジブチ。東岸のイエメン領シャイフ・サイード岬から約3.5kmの海上に浮かぶペリムPerim島(バリムBarim島ともいう)はイエメン領であり,アデン港が整備される1920年ころまでは,船の燃料積込港としてにぎわったが,現在は重要軍事拠点としてイエメン軍が配備されているようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android