バーベンベルク朝(読み)バーベンベルクちょう(英語表記)Babenberger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーベンベルク朝
バーベンベルクちょう
Babenberger

976~1246年まで続いたオーストリア最初の王朝。ザクセン朝の頃,東部フランケン地方で頭角を現し,976年にレオポルト1世がオーストリア辺境領を入手して以来,オーストリア支配者としての地位を確立。一時バイエルン大公によって脅かされたが,ドイツ国王ハインリヒ3世に奉仕してシュワーベンを与えられるなど,11世紀以降次第に版図を拡大していった。のちドイツ皇帝,ハンガリー国王と姻戚関係を結んで,その地位は強固となり,1156年にはオーストリアは大公国に昇格した。 12世紀を通じて同家は他のオーストリア貴族を押えてオーストリア支配者としての圧倒的優位を築き上げ,その最盛期を迎えたが,1246年男系が絶えたため次第に衰運に向った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android