コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーベンベルク朝 バーベンベルクちょうBabenberger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーベンベルク朝
バーベンベルクちょう
Babenberger

976~1246年まで続いたオーストリア最初の王朝。ザクセン朝の頃,東部フランケン地方で頭角を現し,976年にレオポルト1世がオーストリア辺境領を入手して以来,オーストリア支配者としての地位を確立。一時バイエルン大公によって脅かされたが,ドイツ国王ハインリヒ3世に奉仕してシュワーベンを与えられるなど,11世紀以降次第に版図を拡大していった。のちドイツ皇帝,ハンガリー国王と姻戚関係を結んで,その地位は強固となり,1156年にはオーストリアは大公国に昇格した。 12世紀を通じて同家は他のオーストリア貴族を押えてオーストリア支配者としての圧倒的優位を築き上げ,その最盛期を迎えたが,1246年男系が絶えたため次第に衰運に向った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バーベンベルク朝の関連キーワード貞元バーベンベルク家趙匡胤太宗(宋)ヨハネス[1世]趙匡胤太祖[宋]ハカム2世ヨハネス1世レオン・ディアコノス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android