コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミヤン仏教遺跡

1件 の用語解説(バーミヤン仏教遺跡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バーミヤン仏教遺跡

アフガニスタン中部のバーミヤン渓谷にある仏教遺跡。5、6世紀ごろ、がけの壁面に西大仏(高さ55メートル)と東大仏(38メートル)が彫られた。7世紀に訪れた中国の僧、玄奘三蔵は、大仏が金色に装飾され、周囲の石窟に数千人の僧侶が住んでいたと記録している。01年3月、タリバーン政権が偶像崇拝を禁止するイスラムの教えに反するとして両大仏を爆破。03年に渓谷の文化的景観と遺跡群が世界遺産に登録された。

(2008-07-30 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーミヤン仏教遺跡の関連キーワードカイバー峠石仏ヘラートムルタンバーミヤンアフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガニスタンでの戦い9・11とアフガニスタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone