コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミヤン仏教遺跡

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バーミヤン仏教遺跡

アフガニスタン中部のバーミヤン渓谷にある仏教遺跡。5、6世紀ごろ、がけの壁面に西大仏(高さ55メートル)と東大仏(38メートル)が彫られた。7世紀に訪れた中国の僧、玄奘三蔵は、大仏が金色に装飾され、周囲の石窟に数千人の僧侶が住んでいたと記録している。01年3月、タリバーン政権が偶像崇拝を禁止するイスラムの教えに反するとして両大仏を爆破。03年に渓谷の文化的景観と遺跡群が世界遺産に登録された。

(2008-07-30 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーミヤン仏教遺跡の関連情報