コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラーガート Bālāghāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーラーガート
Bālāghāt

インド中部,マディヤプラデーシュ州南部の都市。バーラーガート県の行政庁所在地。ジャバルプル南南東約 145km,北方をサトプラ山脈,東方をマイカラ山脈に囲まれた丘陵地にあり,ワインガンガ (ゴダバリ川の支流) にのぞむ。米,豆類,木材,タバコなどを集散。マンガン採掘,製糖が行われる。人口6万 2164 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android