バーンズ,T.(読み)ばーんず

世界大百科事典内のバーンズ,T.の言及

【タイムズ】より

…88年1月1日《タイムズ・オア・デーリー・ユニバーサル・レジスターThe Times or Daily Universal Register》と改題,3月から《The Times》となった。新聞経営に専念するようになったウォルター家は,1817年からL.ハント,C.ラムらの友人で急進的な思想をもっていたバーンズThomas Barnesを編集長にして,選挙法改正などいわゆる中産階級の世論を形成することに努め,一方,特派員,通信員を設置してニュースの取材網を拡大し,また蒸気による機械印刷機を導入するなど近代化を進めた。こうして《タイムズ》は中産階級の政治的地位の上昇,発言力の増大とともに,その代弁者としてイギリスで最も有力な新聞となった。…

※「バーンズ,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android