パイエルス(英語表記)Rudolf Ernst Peierls

大辞林 第三版の解説

パイエルス【Rudolf Ernst Peierls】

1907~1995) ドイツ生まれのイギリスの理論物理学者。固体量子論において多くの業績を残したほか、場の理論や原子核理論でも多くの研究がある。原爆の開発にも携わった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android