パウサニアス(ギリシアのスパルタの将軍)(読み)ぱうさにあす(英語表記)Pausanias

  • ?―前470ころ
  • ギリシアのスパルタの将軍

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ギリシアのスパルタの将軍。アギス王家出身で、レオニダス1世の甥(おい)。紀元前479年のプラタイアイの戦いにペルシア軍を撃破し、翌年ヘラス連合艦隊を率いてビザンティオン(後のコンスタンティノープル)をペルシアから奪回したが、現地で傲慢(ごうまん)にふるまって人望を失い、またペルシア王クセルクセス1世との内通を疑われたため、本国に召喚されて裁判を受けた。内通が無罪となったのち、私人として小アジアに渡ったが、ペルシアとの交渉を続けていると疑われて、前470年ごろ再度スパルタに召喚された。内通の証拠をつかまれて、保護を求めてアテネ神殿に逃げ込んだが、最高役人団のエフォロイに包囲され、餓死直前に神殿の外に引き出されて死んだ。

[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android