コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パオロッツィ Paolozzi, Eduardo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パオロッツィ
Paolozzi, Eduardo

[生]1924.3.7. エディンバラ近郊
[没]2005.4.22. ロンドン
イギリスの彫刻家。イタリアからの移住者の子。ロンドンのスレード美術学校で学ぶ。 1950年代初めにロンドンに生まれたポップ・アートの推進者の一人。機械の部品を寄せ集めた彫刻,おもちゃのロボットプラスチックで型どりした作品などのほか,コンピュータによる絵画を制作。イギリスのポップ・アートのなかでもテクノロジー派といえる。 1968年以来ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで教えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パオロッツィ
ぱおろっつぃ
Eduardo Paolozzi
(1924―2005)

イギリスの彫刻家エジンバラに生まれる。両親ともにイタリア人。イギリスのポップ・アートの先駆者の一人。エジンバラ美術学校、スレード美術学校に学び、第二次世界大戦後パリに渡り、ジャコメッティや超現実主義(シュルレアリスム)の作家たちの作品に接する。1950年代には、機械の部品を寄せ集めたようなブロンズ製の人物像を制作し、60年代には、SF映画に登場するようなロボットや電子頭脳のイメージをもつメカニカルな立体作品を制作。その後、単純化された形態による抽象彫刻へと移行した。大衆雑誌の漫画や写真などをモチーフとした版画も多い。長野県の美ヶ原(うつくしがはら)高原美術館に『作品』(1969)がある。芸術におけるコンピュータの利用を早くから手がけた作家であり、テクノロジー・アート(テクノロジカル・アート)の先駆者として位置づけられた。[斉藤泰嘉]
『アンドリュー・コーズィー著『現代イギリス美術展図録』(1970・東京国立近代美術館) ▽L・R・リバート著、関根秀一・堀邦雄他訳『ポップ・アート』(1993・洋版出版) ▽三井秀樹著『テクノロジー・アート 20世紀芸術論』(1994・青土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パオロッツィの関連キーワードスミッソン(夫妻)イギリス美術3月7日ロンドン移住者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android