コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキスタン北部地震 ぱきすたんほくぶじしん

知恵蔵の解説

パキスタン北部地震

2005年10月8日午前8時50分(日本時間同0時50分)、パキスタン北部でマグニチュード7.6の大地震が発生し、死者8万7000人以上の甚大な被害を出した。被災地はカシミール地方のムザファラバードを中心に、インド北部に及んだ。3万棟以上の建物が全壊し、400万人以上の人が家を失った。メカニズムは北東―南西方向に圧力軸を持つ逆断層運動である。北西―南東方向に走向をもつ断層面は北東側に傾斜し、長さは約90km、最大すべり量は約10mと推定されている。国土地理院は人工衛星のデータ解析から、震源域内の土地が広範囲にわたり最大6m隆起したと発表。この地域はインド・オーストラリアプレートが北進し、ユーラシアプレートに衝突しているところ。地殻内部に圧縮力が働いており、震源地付近では活断層が発達している。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パキスタン北部地震の関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android