コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクモトゥパ Phag mo gru pa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクモトゥパ
Phag mo gru pa

元朝末期にサキャパに代り,チベットを支配した一族の名。中央チベット南東のヤルルン地方を中心としたスムパ族ラン氏の子孫。 1349年チャンチュプ・ゲンツェン (1302~73) が全チベットを平定したのに始り,元朝から 54年司徒の称を与えられ,ツェタンに近いネウドンツェから号令した。明朝はこの一族に闡化王の称号を与えた。 16世紀に入ると,西部のツァン地方のリンプンパが実権を確立した。パクモトゥパは非改革派のカーギュ派に属する教団を擁していたが,その配下とともにツォンカパの改革派教団を援助することが多かった。 17世紀に成立したダライ・ラマ政権はパクモトゥパの権力を継承したものと公称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android