コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・ソンチョル(朴成哲) パク・ソンチョル Pak Sǒng-chol

1件 の用語解説(パク・ソンチョル(朴成哲)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・ソンチョル(朴成哲)
パク・ソンチョル
Pak Sǒng-chol

[生]1912. 咸鏡北道
北朝鮮の政治家。満州 (現中国東北部) で共産主義運動に参加。独立後,1950年人民軍第 15師団長となったのち,55~56年ブルガリア駐在大使,党国際部長,56年外務次官,59年外相,66年副首相兼外相をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パク・ソンチョル(朴成哲)の関連キーワード咸鏡北道金一摩天嶺山脈舞水端里延白平野朱乙雄基貝塚テポドン2北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone