コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスカリス2世 パスカリスにせいPaschalis II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスカリス2世
パスカリスにせい
Paschalis II

[生]1050頃. ビエダディガレアータ
[没]1118.1.21. ローマ
ビエダディガレアータ出身の第160代教皇在位 1099~1118)。本名 Raniero。教皇ウルバヌス2世(在位 1088~99)の後継者として 1099年8月に選出された。第1次十字軍の派遣に尽力し,グレゴリウス7世(在位 1073~85)の壮大な教会改革の方針を引き継いだが,在位期間の多くを叙任権論争に費やした。1107年にイングランド国王,およびフランス国王との間で叙任権に関する協定を結んだ。しかしドイツ王ハインリヒ5世(在位 1106~25)とは決着がつかず,1111年2月に協定が発表されたが,特権の剥奪に憤慨した司祭たちの抗議で破棄された。皇帝はパスカリス2世を人質にし,皇帝の叙任権を認めさせ,さらに神聖ローマ皇帝として戴冠させた。のちにパスカリス2世は皇帝に与えた特権を取り消した。叙任権論争は教皇カリクスツス2世(在位 1119~24)がウォルムス政教条約を締結させた 1122年まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パスカリス2世の関連キーワードシルウェステル4世グレゴリウス8世ゲラシウス2世ホノリウス2世聖職叙任権闘争アルベルツスヨハネ騎士団テオドリクスグレゴリウス騎士修道会

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android