パスキン(英語表記)Pascin, Jules

  • 1885―1930
  • Jules Pascin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1885.3.31. ビディン
[没]1930.6.5. パリ
ブルガリア生れのアメリカの画家。本名 Julius Pincas。スペイン生れのユダヤ人を父に,セルビア生れのイタリア人を母にもつ。ウィーンミュンヘンに学び,1905年パリ定住。風刺漫画家として知られていたが,第1次世界大戦中アメリカに渡り,市民権を得た。 20年パリに戻り,聖書や神話を主題にした大作や肖像画を描いた。 21年アルジェリア,24年チュニジア,27年アメリカ,29年スペイン,ポルトガルと生涯放浪生活を続け,パリで個展を開いた日の夜自殺した。主要作品『ばらをつけた帽子』 (1909) ,『スザンナと老人たち』 (16) ,『2人の友』 (25) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エコール・ド・パリの画家。本名ユリウス・ピンカスJulius Pincas。ブルガリア生れ。米国籍。ウィーン,ミュンヘンで絵画を学び,1905年パリに出た。その後世界各地を遍歴し,1914年―1921年米国に滞在。哀愁や虚無感の漂う裸婦像,友人の肖像等を描いた。内面の不安,複雑な女性関係のためアルコール中毒に陥り,個展の開かれる日に自殺。
→関連項目北海道立近代美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルガリア生まれ、アメリカ国籍の画家だが、エコール・ド・パリの1人として名高い。本名Julius Pincas。ウィーン、ベルリン、ミュンヘンなどで学び、1905年パリに出て、モンマルトル、ついでモンパルナスに住み、第一次世界大戦中はロンドン、アメリカなどに難を避け、20年パリに帰る。戦前の仕事は版画を主としたが、このころから油彩に専念。柔らかな筆致、薄くのばされた淡い色彩で、とくに裸体あるいは半裸の女性たち、娼婦(しょうふ)たちを好んで描き、20年代のパリの哀愁と甘美、同時に、スペイン系ユダヤ人を父にもち、生涯をボヘミアンとして過ごした彼自身の内面の不安を表現した。しかし、アルコール、麻薬などで彼の肉体はしだいにむしばまれ、パリで自殺。代表作は『眠る2人の女』(1929・パリ市近代美術館)など。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Jules Pascin ジュール━) ブルガリア生まれの画家。エコール‐ド‐パリの一人。世界各地を放浪しアメリカに帰化したが、パリで自殺。(一八八五‐一九三〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android