コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パス・エステンソロ Víctor Paz Estenssoro

世界大百科事典 第2版の解説

パス・エステンソロ【Víctor Paz Estenssoro】

1907‐2001
ボリビアの大統領。在任1952‐56,60‐64,85‐89年。タリハ州に生まれ,ラ・パスのサン・アンドレス大学で経済を学び,大学教授,弁護士を経て,39年国会議員となり,41年国民革命運動(MNR)の創設に参加した。43年にクーデタを指揮して同党のビジャロエル政権を成立させるが,同政権の崩壊とともに46年アルゼンチンに亡命する。亡命中もMNRを指導し51年の大統領選で当選。52年アルゼンチンに滞在したまま軍事政権打倒のクーデタ(ボリビア革命)を指導し成功させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパス・エステンソロの言及

【ボリビア】より

…以降97年には民主的に選ばれた5代目の文民政権が誕生しており,ボリビア政治は安定した民主政治の時代に入った。民主化過程で行われた選挙で,中道のパス・エステンソロを中心とする国民革命運動(MNR),MNR左派のシレス・スアソが左翼革命運動(MIR)や共産党と結成した人民民主連合(UDP),バンセルが結成した右派の国民民主行動党(ADN)の3極に政治地図は収斂した。80年選挙に基づき招集された国会でシレスが大統領に選ばれたが,経済混乱を深めてUDPは解体,任期を1年短縮して総選挙が行われた。…

※「パス・エステンソロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パス・エステンソロの関連キーワードバリエントス・イ・オルトゥニョ民族革命運動[ボリビア]民族民主行動[ボリビア]革命左翼運動[ボリビア]エステンソロ10月2日ボリビア史レチン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android