パッツィ家の陰謀(読み)パッツィけのいんぼう(英語表記)Pazzi conspiracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッツィ家の陰謀
パッツィけのいんぼう
Pazzi conspiracy

1478年,フィレンツェのパッツィ家が企てたメディチ家転覆計画。失敗に終わったが,メディチ家に対する政治的な敵対行為として最も劇的な展開をみた。メディチ家の対抗勢力であったパッツィ家が首謀し,ロレンツォ・デ・メディチが北イタリアの教皇領ロマーニャ地方で勢力を拡大していることに不快感をいだいていた教皇シクスツス4世とその甥ジロラモ・リアリオもパッツィ家と手を組み,ロレンツォにピサ大司教への任命承認を拒まれたフランチェスコ・サルビアーティもこれに荷担した。1478年4月26日,サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂でのミサ中に,メディチ家の兄弟 2人の暗殺が計画された。ロレンツォの弟ジュリアーノ・デ・メディチはフランチェスコ・パッツィによって殺されたが,ロレンツォは身を守り,軽傷を負っただけで逃げおおせた。陰謀勢力は政権奪取も試みたが,フィレンツェ市民はメディチ家側についた。共謀者たちは厳しく追及され,ピサ大司教も含めて多くが当日その場で殺された。陰謀が失敗したことによって,フィレンツェは 2年間にわたって教皇庁を敵に回して戦火にまみれた。しかし最も重要なのは,ロレンツォにとって危険な敵対勢力が排除されたばかりか,市民からの強固な支持が明確になったことで,権力がより強くなったことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android