コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パテントプール ぱてんとぷーる

2件 の用語解説(パテントプールの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パテントプール

新たな技術を普及させるため、数多くの特許権をメーカーや研究機関が持ち寄り、一括してライセンスを与えていく仕組み。エレクトロニクスネットワーク関連などの分野では何百もの技術を複合して標準化することが一般的で、そうすることで、ひとつの特許権に配分されるライセンス料は少額でも、市場を拡大することでその代償を得られる。最近ではDVDプレイヤーやMPEG画像処理などの例が挙げられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パテント‐プール(patent pool)

複数の企業や研究機関などがそれぞれにもつ特許権(パテント)を、共同して設立した会社に集め、管理を任せる仕組み。エレクトロニクス技術やネットワーク技術の分野で多く、特許権使用料の引き下げや技術の標準化に役立つとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パテントプールの関連キーワードキラーコンテンツ特許技術者弘通テクノロジーアセスメント技術家庭科医薬品の特許オフセット・クレジット(J―VER)制度先導的起業家育成システム実証事業パッケージライセンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パテントプールの関連情報