コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナヨトプウロス パナヨトプウロス Panayotopoulos, Ioannis

1件 の用語解説(パナヨトプウロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナヨトプウロス
パナヨトプウロス
Panayotopoulos, Ioannis

[生]1901. エトリコ
ギリシアの詩人,批評家。 1920年文芸誌『ムーサ』 Mousaを創刊。詩人としてはネオ・ロマンティシズムから出発し,独自の繊細で悲劇的な詩を完成。また現代文学の批評でも知られる。代表作は詩集『ミランダの本』 To biblio tīs Mirantas (1924) ,『抒情スケッチ』 Lyrika schedia (33) ,『アルキュオニ』 Alkyoni (50) ,小説『捕虜』 Aichmalōtoi (51) ,評論『コスティス・パラマスの詩作』 To poiitiko ergo tou Kostis Palamas (21) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パナヨトプウロスの関連キーワードギリシア棺謀殺事件トリコロミン酸Nトリスメチルグリシンギリシア大統領官邸ギリシア喜劇ハジダキスストルマ[川]トルコ・ギリシア戦争ナウプリアギリシア・カトリック

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone