コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナヨトプウロス パナヨトプウロスPanayotopoulos, Ioannis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナヨトプウロス
Panayotopoulos, Ioannis

[生]1901. エトリコ
[没]?
ギリシアの詩人,批評家。 1920年文芸誌『ムーサ』 Mousaを創刊。詩人としてはネオ・ロマンティシズムから出発し,独自の繊細で悲劇的な詩を完成。また現代文学の批評でも知られる。代表作は詩集『ミランダの本』 To biblio tīs Mirantas (1924) ,『抒情スケッチ』 Lyrika schedia (33) ,『アルキュオニ』 Alkyoni (50) ,小説『捕虜』 Aichmalōtoi (51) ,評論『コスティス・パラマスの詩作』 To poiitiko ergo tou Kostis Palamas (21) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パナヨトプウロスの関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックスウィンザー家正岡子規オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone