コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パネンベルク Wolfhart Pannenberg

世界大百科事典 第2版の解説

パネンベルク【Wolfhart Pannenberg】

1928‐
ドイツのプロテスタント神学者。ミュンヘン大学の組織神学教授。シュリンクE.Schlink,ラートG.von Rad,E.ブロッホなどの影響を受け,独自の〈歴史の神学〉を打ち出した。歴史全体を神の啓示として理解し,その歴史全体を見渡す終りの先取りをイエスの復活の中に見る。従来の神学が救済史や実存の立場に立って世界史と分離したのに対し,彼の神学は歴史学的認識によって神認識へと昇っていく。それは〈理性の神学〉〈下からのキリスト論〉〈普遍史の神学〉と言われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パネンベルクの関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android