パノフスキーの比(英語表記)Panofsky ratio

法則の辞典の解説

パノフスキーの比【Panofsky ratio】

低エネルギーの π 中間子が陽子に吸収される場合に二種類の反応が起こるが,この二つの反応の起こる断面積の比をいう.第一の反応は

π+p → π0+n

第二の反応は

π+p → γ+n

である.この二つの反応それぞれの断面積の比を,最初の測定者に因んでこう呼んでいる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android