コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパンの蒸気機関 パパンのじょうききかんsteam engine of Papin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパンの蒸気機関
パパンのじょうききかん
steam engine of Papin

フランスの物理学者,発明家であった D.パパンが 1690年に提案した最初の大気圧蒸気機関。少量の水の入ったシリンダを直接加熱冷却することにより,蒸気を発生させ,あるいはこれを凝縮させることによりピストンを上下させるもので,ピストンが1往復する時間が長すぎて実用されなかったが,ニューコメンの蒸気機関への足掛りとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パパンの蒸気機関の関連キーワードニューコメン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android