コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピラソゾ

海藻海草標本図鑑の解説

パピラソゾ

からだは円柱状。枝は主軸から直角に近い広い角度で出て,互生的または対生的に羽状分岐をする。からだ全面にコブのような突起状の小枝を密に持つ。切片で は楕円形表皮細胞が並び,髄層細胞は円形の細胞からなる。サクランボ小体は持たない。種名の「パピラ」とは乳頭状突起という意味。生体は淡褐色白みが かった緑色,濃い赤みがかったものなど多彩。手触りは軟骨質で質感があり丈夫。押し葉標本は台紙に付かない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android