コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピリウス・クルソル Papirius Cursol, Lucius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パピリウス・クルソル
Papirius Cursol, Lucius

第2次サムニウム戦争の古代ローマの英雄。5度執政官 (コンスル ) ,2度独裁官 (ディクタトル ) に就任。前 321年のカウディヌスの岐路におけるローマ軍の惨敗後数年間の彼の軍事的経歴は信憑性が少いが,偉大な将軍であったことは確かである。命令に反して戦ったファビウス・ルリアヌスを処刑して軍紀の厳正を示す一方,債務奴隷制の廃止に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android