コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パブリシティー権と肖像権

1件 の用語解説(パブリシティー権と肖像権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パブリシティー権と肖像権

パブリシティー権はもともと米国で発展した考え方で、芸能人スポーツ選手など、客を引きつける力がある著名人が、自らの名前や写真が持つ価値を独占的に利用できる権利を示す言葉として使われてきた。これに対し、肖像権は、著名人に限らず、自分の写真などをむやみに撮影・公表されない権利をいう。

(2012-02-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パブリシティー権と肖像権の関連キーワードパブリシティ・スタントパブリシティーパブリックスクール刃元歯元パブリシティーリリースパブリスティーパブリックアクセス番組パブリックドメインパブリックUDDI

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone