コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パブリック・コメント制度 ぱぶりっくこめんとせいど public comment system

1件 の用語解説(パブリック・コメント制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

パブリック・コメント制度

政府が1999年度から設けた、政令案などについて国民から意見を募る制度。多数の人々に影響を与える計画の作成や新たな許認可は、本来、広く国民から意見を聴くことが求められる。各省のホームページで案などが示されていることもあり、インターネットなどを通じて意見が寄せられている。ただし、法律上に根拠がなく、各省の決定にどれほどの影響を与えているかは、明確でない。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パブリック・コメント制度の関連キーワード永仁の徳政令内閣法制局統廃合無政府臨時政府仮政府総合評価方式入札予算執行調査県警の電子申請システム学校の英語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone