コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パムッカレの石灰棚 パムッカレのせっかいだな

世界の観光地名がわかる事典の解説

パムッカレのせっかいだな【パムッカレの石灰棚】

トルコ最大の都市イスタンブールの南300km、アナトリア高原の町パムッカレにある、高さ200mの石灰棚。表面を流れる清らかな温水が光を浴びて、幻想的な光景をつくり出す。◇「パムッカレ」はトルコ語で「綿の宮殿」という意味。地下水地熱で温められて湧き出て温泉となり、沈殿した石灰が固まって、あたかも純白の棚田のような景観を作り出している。石灰棚の一番上に、ローマ帝国の温泉保養地として栄えたピエラポリスの遺跡があり、ローマ劇場、ローマ浴場などが残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android