コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パムッカレの石灰棚 パムッカレのせっかいだな

1件 の用語解説(パムッカレの石灰棚の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パムッカレのせっかいだな【パムッカレの石灰棚】

トルコ最大の都市イスタンブールの南300km、アナトリア高原の町パムッカレにある、高さ200mの石灰棚。表面を流れる清らかな温水が光を浴びて、幻想的な光景をつくり出す。◇「パムッカレ」はトルコ語で「綿の宮殿」という意味。地下水が地熱で温められて湧き出て温泉となり、沈殿した石灰が固まって、あたかも純白の棚田のような景観を作り出している。石灰棚の一番上に、ローマ帝国の温泉保養地として栄えたピエラポリスの遺跡があり、ローマ劇場、ローマ浴場などが残っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パムッカレの石灰棚の関連キーワードイスタンブールイスティクラール通りエジプシャンバザールカドゥキョイキルヨスタクシム広場チャムルジャベヤズット塔ベヤズットモスクイスタンブールユーラシアマラソン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone