パラ(衣服)(読み)ぱら

世界大百科事典内のパラ(衣服)の言及

【コート】より

…素材,形は時代や目的,性別,流行などによって異なる。
[歴史]
 外衣という点では,古代ギリシアでキトンの上からまとったヒマティオンや,古代ローマのパラpallaもその一種にあげられるが,今日のコートに当たるものが登場するのは,中世後期に男女の間でコットの上に用いられた,シュルコ(英語でサーコート)と呼ばれるゆったりした袖なしの外衣からであろう。16世紀には外衣の形は袖,衿など多様になり,丈も長短さまざまであった。…

【服装】より

…さらに2世紀末ころから,身ごろと袖とをいっしょに直線裁ちし,大きな袖をつけた〈ダルマティカ〉という新型チュニックも出現し,カトリックの儀式用衣服として長く生命を保つ。女子の通常的な衣服は〈ストラstola〉と呼ばれるチュニックで,これとアンサンブルで用いられるマントが〈パラpalla〉である。
[中世ヨーロッパ]
 古代のさまざまな系統の服装様式は中世ヨーロッパに流れ込む。…

【ローマ】より

…女性はくるぶしまで届くトゥニカの上に外衣(ストラ)を着てウェストをベルトで締めた。さらに,肩から足まで達する長いショール(スッパルムsupparum)や,パラpallaという幅広の長マントをブローチで留めて着用した。ダルマティカは女性にも好まれた。…

※「パラ(衣服)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android