コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチオン、パラチオンメチル

1件 の用語解説(パラチオン、パラチオンメチルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死事故が相次ぎ、研究目的での使用に限られる「特定毒物」に指定され、71年から国内での使用は禁止された。中国では07年に使用が禁じられている。摂取するとけいれん、嘔吐(おうと)、下痢などの症状を起こす。

(2008-02-22 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラチオン、パラチオンメチルの関連キーワードアパラチア山脈カチオングルタチオンパラチオンパラチフス有機リン化合物垂乳男パラチフス菌フェラチオマラチオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone