コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラリンピックの柔道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パラリンピックの柔道

視覚障害者だけで行われる。全盲弱視など、視力の違いによるクラス分けはなく、男女とも健常者と同じように体重別の階級に分けられる。互いに襟や袖を持って組んだ状態から試合が始まるが、組み合えないときは、青い道着の選手が先に組み手をとる。試合中に両者が離れたら、「待て」がかかる。場外に出そうになったら、主審が中央から「場外」と繰り返し通告し、声で選手たちに場所を知らせる。通告を無視して、故意に場外へ出た場合は「指導」が与えられる。

(2016-09-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

パラリンピックの柔道

視覚障害者だけで行われる。全盲や弱視など、視力の違いによるクラス分けはなく、男女とも健常者と同じように体重別の階級に分けられる。互いに襟や袖を持って組んだ状態から試合が始まるが、組み合えないときは、青い道着の選手が先に組み手をとる。試合中に両者が離れたら、「待て」がかかる。場外に出そうになったら、主審が中央から「場外」と繰り返し通告し、声で選手たちに場所を知らせる。通告を無視して、故意に場外へ出た場合は「指導」が与えられる。

(2016-09-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

パラリンピックの柔道

視覚障害者だけで行われる。全盲や弱視など、視力の違いによるクラス分けはなく、男女とも健常者と同じように体重別の階級に分けられる。互いに襟や袖を持って組んだ状態から試合が始まるが、組み合えないときは、青い道着の選手が先に組み手をとる。試合中に両者が離れたら、「待て」がかかる。場外に出そうになったら、主審が中央から「場外」と繰り返し通告し、声で選手たちに場所を知らせる。通告を無視して、故意に場外へ出た場合は「指導」が与えられる。

(2016-09-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラリンピックの柔道の関連情報