パラン・デュシャトレ(英語表記)Alexandre‐Jean‐Baptiste Parent‐Duchatelet

世界大百科事典 第2版の解説

パラン・デュシャトレ【Alexandre‐Jean‐Baptiste Parent‐Duchatelet】

1790‐1836
フランスの医学者。公衆衛生学の基礎となる多様な調査を行い,とくに都市パリの病める状態を具体的な観察とデータによって明らかにした。17歳でパリに出て医学を学び,1814年に博士号を取った後,数年間を開業医として過ごした。しかし治療にあたるなかで,当時の医学の研究成果には誤りが多いことに気づき,確実性のある研究分野を求めて,21年より公衆衛生の調査研究を行うようになった。その調査対象は主としてパリの多様な都市施設で,下水道,し尿投棄場,便所,廃馬処理場,解剖室河川,汚染源となる工場など,いずれも増大する人口を支えきれなくなった施設の実態と改善策を提出するものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android