コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラン・デュシャトレ Alexandre‐Jean‐Baptiste Parent‐Duchatelet

世界大百科事典 第2版の解説

パラン・デュシャトレ【Alexandre‐Jean‐Baptiste Parent‐Duchatelet】

1790‐1836
フランスの医学者。公衆衛生学の基礎となる多様な調査を行い,とくに都市パリの病める状態を具体的な観察とデータによって明らかにした。17歳でパリに出て医学を学び,1814年に博士号を取った後,数年間を開業医として過ごした。しかし治療にあたるなかで,当時の医学の研究成果には誤りが多いことに気づき,確実性のある研究分野を求めて,21年より公衆衛生の調査研究を行うようになった。その調査対象は主としてパリの多様な都市施設で,下水道,し尿投棄場,便所,廃馬処理場,解剖室,河川,汚染源となる工場など,いずれも増大する人口を支えきれなくなった施設の実態と改善策を提出するものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パラン・デュシャトレの関連キーワードゲーテチャアダーエフビュヒナー(Karl Georg Büchner)ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミアフェルディナンド3世[トスカナ大公]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android