コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリのキャバレー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パリのキャバレー

19世紀の香りを伝える娯楽の殿堂。原点はロートレックがポスターを描いたムーランルージュ(1889〜)で、名物フレンチ・カンカンは今も健在だ。同じ年に開業したパラディラタンはエッフェル塔を設計したG・エッフェルの作。戦後派のリド(1946〜)は大スケール、クレージーホース(1951〜)は芸術的な構成で売る。食事つきで約150ユーロ(2万円)、ドリンクのみで100ユーロ程度。

(2006-04-19 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

パリのキャバレーの関連キーワードアリデイ

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリのキャバレーの関連情報