コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリのキャバレー

1件 の用語解説(パリのキャバレーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パリのキャバレー

19世紀の香りを伝える娯楽の殿堂。原点はロートレックポスターを描いたムーランルージュ(1889〜)で、名物フレンチ・カンカンは今も健在だ。同じ年に開業したパラディラタンはエッフェル塔を設計したG・エッフェルの作。戦後派のリド(1946〜)は大スケール、クレージーホース(1951〜)は芸術的な構成で売る。食事つきで約150ユーロ(2万円)、ドリンクのみで100ユーロ程度。

(2006-04-19 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリのキャバレーの関連キーワードレビュー香り米教外別伝アニメの殿堂秋の香暗香香り通信野球の殿堂ローズゼラニウムヤギ肉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パリのキャバレーの関連情報