コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ宣言 パリせんげんDeclaration of Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ宣言
パリせんげん
Declaration of Paris

戦時における海上での商業の自由を最大限に可能にした宣言で,1856年クリミア戦争後,パリ平和会議で採択された。正式名称は「海上法の要義を確定する宣言」。その内容は,(1) 私掠船の禁止,(2) 戦時禁制品以外は中立船内の中立貨および敵貨を捕獲できない,(3) 敵船内の戦時禁制品以外の中立貨は捕獲できない,(4) 敵船および敵船内の敵貨に限って捕獲,没収を認める,(5) 紙上封鎖の無効,であった。締結時の当事国はイギリス,フランス,トルコ,サルジニア,ロシア,オーストリア,プロシア。その後アメリカ以外のほとんどの国が加入したので,国際法上,普遍性をもつようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パリ宣言の関連キーワード拿捕

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ宣言の関連情報