パルナイバ[川](英語表記)Rio Parnaíba

世界大百科事典 第2版の解説

パルナイバ[川]【Rio Parnaíba】

ブラジル北東部のマラニョン州とピアウイ州の州境を流れる全長約1700kmの川。ブラジル高原北部のマンガベイラス山地に源を発し,ほぼ北東方向に流れ,フロリアノ付近で北に向きを変え,ピアウイ州の州都テレジナを通って,パルナイバ近くで大西洋に注ぐ。流域の大半が半乾燥地域で,乾季には流量が著しく減少する。そのためバルゼア(はんらん原)での耕作が重要である。【西沢 利栄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパルナイバ[川]の言及

【バルゼア】より

…ブラジルのアマゾン川流域のものが世界的に有名で,その面積は6万4400km2もあると推定され,これはベルギーの国土面積のほぼ2倍に相当する。雨量は多いが,乾季と雨季で水位の変化が大きいアマゾン川,流域の大半が半乾燥地帯で占められ,乾季と雨季が明瞭なブラジル北東地域を流れるサン・フランシスコ川やパルナイバ川の流域では,バルゼアを利用した農業が行われている。このような農業も地域によって呼び名が違う。…

※「パルナイバ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android