コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルニツキ Parnicki, Teodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルニツキ
Parnicki, Teodor

[生]1908.3.5. ベルリン
[没]1988.12.5. ワルシャワ
ポーランドの作家。ドイツで生れ,キエフ,モスクワ,オムスクウラジオストク,ハルビンを転々とし,1928年再びポーランドの学芸都市リボフへ戻り大学へ進んだ。 1940年以降クイビシェフ,エルサレム,ロンドンを経て 1944年メキシコに移住,1967年ポーランドへ帰国。壮大な構図,類をみぬ博識,哲学的な難解さなどによって特色づけられるその長編歴史幻想小説群は,内容,形式ともに世界文学中の異色である。代表作『「諸民族の和」号の終焉』 Koniec "Zgody Narodów" (1955) ,『言葉と肉』 Słowo i ciało (1959) ,"Nowa Baśń" (1962~70) ,『遙かなる旅のミューズ』 Muza dalekich podróży (1970) ,『私たちは二つの夢のように立っていた』 Staliśmy jak dwa sny (1973) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パルニツキの関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣クリーマーロマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android