コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレスチナ分裂 ぱれすちなぶんれつ

1件 の用語解説(パレスチナ分裂の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

パレスチナ分裂

パレスチナ自治区のガザで2007年6月、イスラム過激派ハマスの武装部門が、パレスチナ解放機構(PLO)主流派のファタハが主導する治安警察本部を武力で制圧した。ハマスとファタハは07年3月に統一政権を樹立したが、ヨルダン川西岸をおさえるアッバス議長は統一政権のハニヤ首相(ハマス)を解任し、非常事態内閣を発足させた。 米欧はアッバス政権を支持し、06年1月にハマスがパレスチナ自治評議会選挙で過半数をとって政権を握って以来、凍結していた支援や援助の再開を約束し、アッバス議長とオルメルト・イスラエル首相との首脳会談も始まった。イスラエルがガザ自治区への産業原材料の搬入を全面禁止するなど、経済封鎖を行い、07年10月にはガザの主要病院で医薬品が不足し、人道的な危機が進んだが、ガザでのハマス支配が揺らぐ兆しはなく、パレスチナ分裂は続いている。

(川上泰徳 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パレスチナ分裂の関連キーワードオスロ合意パレスチナ暫定自治合意PLAガザ自治区ハマスとファタハパレスチナ自治区パレスチナ自治評議会選挙パレスチナ情勢イスラエルのガザ封鎖ガザ支援船団拿捕事件

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone