パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故

同社が1980~89年に製造・販売した機器で、85~2005年に28件起き、死者21人、重軽症者36人を出した。一連の事故は06年7月に発覚し、東京都港区で上嶋浩幸さん(当時18)が死亡した05年11月の事故以外、業務上過失致死事件の公訴時効(当時5年)が成立している。一方、一部の遺族は同社などを相手取り、損害賠償を求める民事訴訟を起こした。同社によると、札幌、東京、大阪の3地裁で係争中という。

(2010-05-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android