コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンパシフィック水泳選手権大会 ぱんぱしふぃっくすいえいせんしゅけんたいかい Pan Pacific Swimming Championships

1件 の用語解説(パンパシフィック水泳選手権大会の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

パンパシフィック水泳選手権大会

1984年3月、米国・カナダオーストラリア・日本の4カ国で環太平洋地域の水泳レベルを向上させることを目的に、パンパシフィック水泳協会が設立された。85年8月、第1回大会が東京の代々木オリンピックプールで開催され、以来、中国も含めて環太平洋地域の水泳競技力向上の原動力となった。大会の位置付けはオリンピック、世界選手権に並ぶ。2006年8月には第10回大会がビクトリア(カナダ)で開催された。

(吉田章 筑波大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンパシフィック水泳選手権大会の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語オーストラロイドオーストララシアオーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone