パン・ソマリ民族運動(読み)ぱんそまりみんぞくうんどう

世界大百科事典内のパン・ソマリ民族運動の言及

【ソマリア】より

…他方,イギリス領ソマリランドでも,第2次世界大戦後にソマリランド民族連盟(SNL)が創設され,またSYLもしだいに同地域へと勢力を拡大していった。両地域に共通する民族主義運動の目標は,ソマリ族の居住地域の統合と独立であり,59年にはモガディシュで全地域の代表が参加して,パン・ソマリ民族運動という名の組織が結成された。60年に独立を迎えた際,両地域が合邦して単一のソマリア共和国を形成したのは,こうした背景からして自然のなりゆきであった。…

※「パン・ソマリ民族運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android