コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン・イスラム主義 パンイスラムしゅぎPan‐Islamism

1件 の用語解説(パン・イスラム主義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パンイスラムしゅぎ【パン・イスラム主義 Pan‐Islamism】

イスラム世界〉の統一を目ざす思想,運動。すでに早くシャーワリー・ウッラーの子のアブドゥル・アジーズShāh ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)が,1803年イギリス支配下のインドダール・アルハルブ(戦いの家)であると宣言するファトワー(意見書)を発して,オスマン帝国カリフへの帰属感を表明したように,それは近代のムスリム世界の状況の中でしばしばカリフ制やダール・アルイスラーム(イスラムの家)の概念に即して求められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone