コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン・イスラム主義 パンイスラムしゅぎPan‐Islamism

世界大百科事典 第2版の解説

パンイスラムしゅぎ【パン・イスラム主義 Pan‐Islamism】

イスラム世界〉の統一を目ざす思想,運動。すでに早くシャー・ワリー・ウッラーの子のアブドゥル・アジーズShāh ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)が,1803年イギリス支配下のインドはダール・アルハルブ(戦いの家)であると宣言するファトワー(意見書)を発して,オスマン帝国カリフへの帰属感を表明したように,それは近代のムスリム世界の状況の中でしばしばカリフ制やダール・アルイスラーム(イスラムの家)の概念に即して求められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パン・イスラム主義の関連キーワードアミーン・アルフサイニーアブデュルハミト[2世]ムハンマド イグバールダール・アルハルブユスフ アクチュライスラム復興運動イスラム諸国会議ヒジャーズ鉄道ムサーワート党ムハマディヤアクチュライクバールウンマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android