コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーククローン市場 パーククローンいちば

世界の観光地名がわかる事典の解説

パーククローンいちば【パーククローン市場】

タイの首都バンコク中心部にある花、果物、野菜などの農園芸作物を中心にした市場。チャオプラヤー川(メナム川)に繋がる運河の入り口にある。基本的には卸売市場だが、旅行客なども購入できる。見たこともないような野菜や色とりどりの切花などがところ狭しとならんでおり、市場には品物があふれているが、一番活気があるのは深夜である。◇正式名称は「Pak Klong Talad」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パーククローン‐いちば【パーククローン市場】

Pak Klong Talaad》タイの首都バンコクの中心部にある市場。チャオプラヤー川沿いに位置し、寺院の供え物の切り花をはじめ、主に花卉(かき)、果物、野菜を扱っている。バンコク最大の花市場として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android